半導体インベスター、ビックトレンドの勝者とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

前回の第一弾は、AI革命。

半年前の時は少し遅いかな? と思いましたが、そんなことは無く、株価は大上昇しましたね。w

 

今回の第二弾は、半導体インベスター。

どんな銘柄なのかを確認していきます。

 

半導体インベスターの無料メルマガ

 

前回の第一弾は、AI革命について。

>>AI革命2.0、AIサービス事業の10倍の規模を持つビッグブームとは

 

半年前のブログだけど、

当時に購入していただけでも、かなり株価が上昇したね。

おめでとうございました。

今回も、美味しい銘柄があるかも?

 

今回の第二弾は、半導体インベスター(投資家)。

AIブームで高い株価成長を遂げたエヌビディアから分かるように、

半導体銘柄は、どんなテクノロジートレンドが来ても高い株価成長に期待できると。

 

handouta240706-1

>>半導体インベスター

 

  • 半導体ビックトレンドの勝者、銘柄名公開!!

さっそく、登録してみた。

 

半導体ビックトレンドの勝者とは

handouta240706-5

>>半導体インベスター

 

↑登録後、メールアドレスに届いたリンクより、動画を確認できた。

  • 海外の半導体だけでなく、国内のTOWA+283%
  • 半導体の製造工程で使われる洗浄装置メーカー、SCREENホールズ+195%
  • 生成AIを使ったサービスを提供する企業+40~60%に対し、半導体製造企業は+100~300%。

 

一方で、老舗半導体メーカのテキサスインスツルメンツは、株価は-12%。

この差は何なのか↓

handouta240706-3

 

この理由が丁寧に説明されており。

さらに、半導体ビックトレンドの勝者は、T〇〇〇と続く。

 

エヌビディアでは無くT○○○な理由

handouta240706-6

>>半導体インベスター

 

GPU市場の98%を占めているものの、

半導体市場全体のシェアは、4.4%と論調が続く。

 

なるほどねぇ。

さらに、エヌビディアのGPUを実際に製造しているのは、T○○○。

なぜなら、世界で最も高性能の半導体チップを製造できるから。

 

1つのチップにどれだけのトランジスタを搭載できるかが、半導体チップの性能を決める。

年々、微細化が進み、今はプロセス2nmまで縮小化できている。その製造が得意なんよね。

 

業界2位の☆ムスン電子が負けを認めるくらい、技術の差があるそうで。

投資額も、☆電子よりも2倍。

 

製造特化型で、製造に関する特許も多く、当面、T○○○が優位だろうと。

ほほう。

 

これは、仕込み時かもね。

と思って株価を見たら、めちゃ上がってたわ。w

 

おわりに

 

以上「半導体インベスター、ビックトレンドの勝者とは」でした。

 

すでに株価は上昇しているものの、まだまだ伸びしろはありそうですね。

少しだけでも仕込もうと思います。

 

半導体に詳しくない人でも、分かりやすい動画なので、必ずご確認あれ。

>>半導体インベスター

 

それでは、また。

 

人生を変えるたった1つの銘柄

詳しくは動画を見て欲しいが、

・この企業は、新薬開発を効率化するAI技術に特化している。
・バファリンを開発しているブリストル・マイヤーズ社が、この企業に1800億円を払って、大型パートナーシップを締結した。
・日本では、住友大日本製薬とも提携している。通常4年半は掛かるが、1年足らずで臨床試験に持ち込んだ実績あり。
・2023年9月、メルクとの協定。契約時に前受金30億円を獲得、目標を達成した際の報酬は最大1000億円。

2024年の7月4日のブログの通り、この株を仕込みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です