米中間選挙とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

何かと話題にしてきた「米中間選挙」。

が、知っているようで、知らない。

 

そんな「にわかな自分」を卒業するために、

米中間選挙について、サクッとまとめておく。

とみます
この内容は「米中間選挙」についてです。

 

2年前の大統領選挙

 

懐かしい。

2年前を覚えているだろうか。

 

ヒラリーと言われている中、

トランプ旋風が巻き起こった。

 

当時の、前日ブログを、読み返している。

>>米大統領選挙前日!個人投資家としてのポジションは…?

 

  • 明日の動向を安心して観戦するのみである

と。

 

全く、今と、同じ状況(スタンス)。w

 

そして、当日。

トランプ票が増えるに連れ、株価は下がっていった。

 

当時の私は、暴落確認後、

「これ以上に下落は無い!!」と、高過ぎたボラティリティに対し、プット売りを仕掛けていた。

>>大統領選挙、やはりトランプだった。現状としてのポジショニング

 

大分、勇ましいな、おい。

単発のプット売りは、一発退場があるので、絶対にやってはいけない。

 

当時の私は、リスク管理を知らなかった。

では、済まされない、くらいに、ヤバい。

 

ちゃんと、勉強してから、トレードしよう。(損切りをできるようにね。)

>>大衆心理を利用して利益を上げる (今だけ無料)

 

んで、本題。

 

米中間選挙とは

 

「超」簡単にいうと、米中間選挙とは

  • トランプ氏の中間テスト。

 

国民から支持されているかどうかが、票として、くっきりハッキリ、反映される。

 

サクッと、時間軸で、まとめると、

  • 2016年 ⇒ トランプ大統領が誕生
  • 2018年 ⇒ 中間テスト
  • 2020年 ⇒ 1期の任期終了、再選なるか。

トランプ氏が、再選すれば、

  • 2022年 ⇒ 中間テスト
  • 2024年 ⇒ 2期の任期終了。次の大統領へ。

ってな感じ。

 

「2020年の再選」に向けての、大事な、中間テスト。

彼からすれば、負けたくない。

 

ところが…

 

「ねじれ」になるのか?

 

  • トランプ氏、率いる「共和党」。
  • 対立する「民主党」。

 

「民主党」が優位になると、「ねじれ議会」になる。

そうなると、一般的には、トランプ氏にとって、内政がやりづらくなる。

 

(何だかんだ言って、大統領令があるから、強行突破という最終手段が、残されているが…?)

 

んで、議会には、

  • 上院

  • 下院

があって、

 

  • 上院は、100議席中、35議席を改選
  • 下院は、435議席、全て改選

するらしい。

 

んで、メディアの予想では、

  • 上院は、共和党、
  • 下院は、民主党

という見通し。

 

「下院が、ねじれ」るんだわさ。

そうなると、株価の動きは、鈍そうな。

 

一方、仮に「ねじれ」が生じない場合は、株価は上がり、いけいけ、トランプ相場に戻る、可能性が高い。

そうなれば、VIXは、下がって来そう。

 

それが、今日の昼過ぎくらいに、わかる予定。

うーん、どうなることやら。

 

気長に期待していく。

 

おわりに

 

以上「米中間選挙とは」でした。

 

はたまた、トランプ旋風が起きるのか…

どちらにせよ、今日からの2年間で、株価を上げたいトランプさん。

 

一方、S&P500のチャート的には、上値が重たそうな…。

うーん。一つ一つ、レジスタンスを超えていければ。

 

気長に期待。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「790名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です