3-33 「Ledger Nano S」が届いた!とりあえず初期設定してみる

こんにちは、待ちに待った「Ledger Nano S」が家に届いたので、初期設定を行ってみた。

 

大きさはこんな感じ。

 

 

開けてみよう。

 

 

手から汗がとまらない。

 

 

これほど緊張するとは

 

 

ドラクエの主人公かな、

 

 

宝箱をあける気持ちだ。

 

 

中には、

 

 

すごいものが入ってるかもしれないし、

 

 

ミミックかもしれない。

 

 

そんな葛藤からか、手汗がとまらない。

 

 

ぱっかーん。

 

 

 

 

「逆だー!」

 

 

期待とは裏腹に、「ledger」が逆向きだ。

 

 

そっち側から、開けるのは考えもしなかったぞ。

 

 

やってくれるぜ、仏Ledger社?

 

 

送り主は大阪からだったけど。

 

 

「われわれは表面的な小手先はつかわない、

 

 

技術で勝負しているのだ」

 

 

そんな声がどこからか聞こえてくる。

 

 

てか、見にくいのは、ご愛敬で。

 

 

いつか、うまくなるだろう~。

 

 

宝箱の中を隅々まで探る。

 

 

 

 

最低限なものしか入ってない。

 

 

広告ばかり入ったシロモノとは違う、

 

 

がトリセツもない。

 

 

ただ、「日本語マニュアル&保証内容」と書かれ、

 

 

QRコードとリンク先が貼られている。

 

 

ドラクエの世界とリアルな世界を繋ぐ、

 

 

最も無駄のないやり方だ。

 

 

ご参考までに。

 

 

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)日本語マニュアル

 

 

早速、コネクト!

 

 

マニュアルに従って、コネクト!!

 

 

前回、ウォレット設定したときに

 

 

開けていたヤフーアドレスが使えなくなったから、

 

 

今回は、ネット環境を遮断してから、コネクト!!!

 

 

そんなチキンな私もコネクト!!!!

 

 

ヴァルキリーコネクトの回し者じゃありません、念のため。

 

 

 

 

おおー、oledと言われる液晶?が光り輝く。

 

 

しかも、青色発光だ。

 

 

波長が短いのでエネルギーが大きい。

 

 

そんな私は、プランクさんが大好きだ。

 

 

開けるときに費やした、葛藤エネルギーは

 

 

こういったところで天秤をかけるのだろう。

 

 

20世紀からの重みを受け止めつつ、

 

 

青色発光を受け止める。

 

 

 

 

なんで、ぶれるかなー。

 

 

ピント合わせが上手くいかないのもご愛敬で。

 

 

「3. write down your recovery phase」

 

 

いま、私は、第三フレーズにいる。

 

 

カラオケで言うと、折り返し時点だ。

 

 

ドラクエで言うと、誰かが仲間になる時点だ。

 

 

それは、キーファかもしれないし、ライアンかもしれない。

 

 

あるいは、ホイミスライムかもしれない。

 

 

そんなこんなで、初期設定は終了。

 

 

全て英語表記だったが、日本語マニュアルに従えば問題なくできそうだ。

 

 

次回は、実際にビットコインを入れてみようと思う。

 

 

どこかで、預けてあったビットコインが盗難にあってるらしいし。

 

 

その影響で、一時的に価値がかなり下がったが、

 

 

このブログを書いているときには、

 

 

だいぶ復活したよう。

 

 

私のコインは私で守る。

 
Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】
 

↑まだ持っていない人は必需品。

 

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です