【20年05月】日経オプション取引結果「+6,900円」(月利+1.2%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

5月のSQ日が過ぎました。

今月は1回のオプショントレードです。

 

トレードの振り返りと、日経225の相場を確認していきます。

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 証拠金「60万円」→2年間の運用損失により「30万円」に。→20/3月、コロナショック時のプット利益により「55万円」に。
  • 月利1.0%」を目標。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、様々なスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へ落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

あと、「売り」のポジションを失敗すると、死ぬ。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

「リスク」をコントールできるように、鍛錬しながら。

 

2年運用して、

  • 約-30万円

と、上手く行ってなかったが、コロナ暴落で、九死に一生を得て、

  • 約+25万円。

 

残額

  • 55万円

で、悪戦苦闘の奮闘記をツラツラと…

 

日経225の環境認識

 

まずは、日経225の環境認識を。

コロナショック後、素直に反発するのかどうか↓

 

日足チャート

nk225option_200510-1

 

↑旧サポートラインのレジスタンスラインまで。

一度は、反落したものの、再度アタックしにいくのね。

その攻防戦が今月の見もの。

 

4時間足チャート

nk225option_200510-2

 

↑上昇トレンドラインを一応意識されている

ただ、チャネルラインまで達していないし、弱め。

仮に、トレンドラインを下に抜けたら、闇は深そ。

 

今月の取引は、1回のみ↓

 

①レシオ・コール・スプレッド

4/15 5月-C220 売 20円×2枚 +39,560円 4/28 返済買 3円×2枚 -6,220円
4/15 5月-C217 買 30円×1枚 -30,220円 4/28 返済売 4円×1枚 +3,780円

小計 約+6,900円

レジスタンスラインに、ちょくちょくタッチしていたところで、

  • アウトオブザマネーのコール売り

(ヘッジで、権利行使価格の低いコール買いを、組み合せている。=レシオ。)

 

2か月前に、コロナショックでプットで大きく稼げたたため、証拠金に少し余裕ができ、戦略の幅が広がった次第。

が、今回のスプレッド、当初仕掛けたときは、証拠金をほぼMaxに使用していた。

(余力がない取引は、危険である、以後、気を付けたい。)

 

結果、レジスタンスにて反落したため、追証にはならなかったものの。

やぱ、オプション取引は、資金力(証拠金)がある人が圧倒的に有利。the 資本主義の取引だわ。

 

んで、時間経過に伴い、プレミアム価格は剥がれていき、十分に下がったところ、

かつ、大型連休に入る前に、手仕舞った。

 

20年5月の運用成績

 

  1. レシオコール。+6,900円

 

合計 +6,900

残金55万円に対して、月利 +1.2%

 

おぉー、

何はともあれ、目標利回りを達成。

 

スプレッドを見直すにしても、この利回りを続けていければ。

 

20年の日経225オプション取引の成績

 

これまでの損益↓

  • 1月、トレードなし。
  • 2月、+ 8,560円 (+2.8%)
  • 3月、+271,975円 (+90.7%)
  • 4月、トレードなし。
  • 5月、+6,900円 (+1.2%)

20年の通算 +287,435円。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

おわりに

 

以上「【20年05月】日経オプション取引結果「+6,900円」(月利+1.2%)」でした。

 

コロナ復帰相場において、定常運転の月利1%を目指しつつ。

今月~来月は、まだ上昇力が弱めなので、アウトオブザマネーのコール売りをメインに、タイミングを図っていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「86名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です