【20年07月】日経オプション取引結果「+9,560円」(月利+1.7%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

7月のSQ日が過ぎました。

先月と比べ、動きの小さなSQ週となりました。

 

エントリーをブログでも発信しましたが…

どうなったのか。

 

簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 証拠金「60万円」→2年間の運用損失により「30万円」に。→20/3月、コロナショック時のプット利益により「55万円」に。
  • 月利1.0%」を目標。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、様々なスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へ落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

あと、「売り」のポジションを失敗すると、死ぬ。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

「リスク」をコントールできるように、鍛錬しながら。

 

2年運用して、

  • 約-30万円

と、上手く行ってなかったが、コロナ暴落で、九死に一生を得て、

  • 約+25万円。

 

残額

  • 55万円

で、悪戦苦闘の奮闘記をツラツラと…

 

日経225の環境認識とエントリーポイントの復習

 

まずは、日経225の環境認識を。

 

日足チャート

nk225option_200711-1

 

↑旧サポートラインのレジスタンスライン。

結果、ここ1か月では、上に突破できず。

 

エネルギーを貯めており、

次に動く時は、大きそうな?

 

今回のエントリーは↓

>>2020/6/16 nk225プットレシオのエントリー

 

結果、大きな幅を残し。w

落ちればデカいところだが、まあ、想定内の利益ということで。

 

以下、詳細。

 

①バーティカル・プット・レシオ・スプレッド

6/16 7月-P16750 買 24円×1枚 -24,220円 7/10 放棄
6/16 7月-P16000 売 17円×2枚 +33,780円 7/10 消滅

小計 約+9,560円

レジスタンスラインに、ちょくちょくタッチしていたところで、

  • アウトオブザマネーのプット売り

をメインにした、レシオ。

 

サポートラインを根拠に、1か月で16000円を下にブレイクする確率は少ないだろうと。

 

中途半端に落ちれば、権利行使価格の近い、買いポジションの利が伸び、

一方で、アウトオブザマネーの売りポジションのタイムディケイによる利が乗るだろうと。

 

結局、レジスタンスラインに、へばりつく形で終始したが。w

権利の消滅による利益だね。

 

来月のエントリーポイント

nk225option_200711-2

↑日足チャート。

 

次のエントリーを見据え、相場感を。

  • ①高値切り下げラインを上にブレイク後、リターンムーブで大上昇する。→コール買いメインにスプレッドを組むか。
  • ②高値切り下げラインで売られ、支持線で耐え。→アウトオブザマネーのコールorプット売りをメインにスプレッドを組むか。
  • ③サポートラインを下にブレイクしていく。→今回のような、レシオスプレッドを組むか。

 

VIXに続き、日経VIも高い状態が続いている。

アウトオブザマネーのプット価格が相当高い状況なので、やはり、③をメインに組んでいければ。

 

また、ここでのコール売りは、危険な気がした。

次のレジスタンスラインまでが遠いので。

 

かといって、コールを買うには、

タイムディケイと高値付近なので、美味しさが薄く。

 

やはり。③狙いのエントリータイミングを図っていく。

 

20年7月の運用成績

 

  1. バーティカル・プット・レシオ・スプレッド。+9,560円

 

合計 +9,560

残金55万円に対して、月利 +1.7%

 

目標達成!!

リスクリワードの大きな戦略を考えつつ、安定した運用も続けていきたい。

 

20年の日経225オプション取引の成績

 

これまでの損益↓

  • 1月、トレードなし。
  • 2月、+ 8,560円 (+2.8%)
  • 3月、+271,975円 (+90.7%)
  • 4月、トレードなし。
  • 5月、+6,900円 (+1.2%)
  • 6月、+5,560円 (+1.0%)
  • 7月、+9,560円 (+1.7%)

20年の通算 +302,555円。

 

今年、残金30万円から、+100%を達成。

 

残り5か月!!

大きなミスをしないように…注意しつつ。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

おわりに

 

以上「【20年07月】日経オプション取引結果「+9,560円」(月利+1.7%)」でした。

 

コロナウイルス、大統領選挙、中国共産党など、

今年は、リスクがてんこ盛りですな。

 

無理にトレードをするのでなく、取れるところで取っていく。

そんな心構えで、後半戦に臨んでいければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「92名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です