2020/6/16 nk225プットレシオのエントリー

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

相変わらず、VIXは高く…

もちろん、日経VIも高い。

 

現状のプットのプレミアム価格差の低さを利用して、

今週に、日経225オプションのスプレッド1つをエントリーしました。

 

日経の相場感や狙いなんかも、メモしておきます。

とみます
この内容は「VIX投資」についてです。

 

日経225の週足チャート

nk225option_200619-1

↑まずは、大局を掴むこと。

これができないと、多分、利益を上げ続けることはできない。

 

コロナショックで、一時的に、急落したが、

2015年~2016年の安値を割ることが無かった。

(上昇トレンドを維持している。)

 

つまり、チャートから読み取るに、

5年以上のロンガーにとっては、精神的に余裕だった。

むしろ、押し目として、買い増した。

そんな展開だったのだろう。

 

ショーターとしては、彼らが逃げる(ストップロス)展開を待ちわびたのだが。w

 

最近の高値付近まで復活。

が、高値が目と鼻の先で、失速。

依然として、警戒されている。

 

日経225の日足チャート

nk225option_200619-3

↑SQ日を赤の縦線で示した。

また、今回、仕掛けた、スプレッドの権利行使価格を、黄色の破線で示している。

 

6/16 7月-P16750 買 24円×1枚 -24,220円
6/16 7月-P16000 売 17円×2枚 +33,780円

 

7月のSQ日に、

トレンドラインの節目まで、下がらなければ、

  • プレミアム価格差による利益: 約1万円

が、ポケットに入る。

 

逆に、その節目を抜けると、損失を被る。

売建てが2枚なので、権利行使価格よりも離れれば離れるほど、加速度的に。

 

まあ、リスクは高いが、勝率が高め?

加え、プットの権利行使価格のプレミアム価格が、めちゃくちゃ近かったので。

 

750円離れて、プレミアム価格差7円って。

それほど、市場は警戒しているのだろう。

 

目指すは、時間切れ。

来月のSQ日までに、なんとか16000円は、持ちこたえてくれ。

 

多分、サポートラインがいくつかあるので、下がったとしても、耐久戦になる。

また、途中で、利が6~7割でれば、無理に保有しないで、利確もありね。

 

ちなみに、このスプレッドの証拠金は、

約10万円ほど。

 

急落があると、必要証拠金が増えるので、注意しつつ。

また、来月末から、必要証拠金が増えるので、その辺も視野に入れつつ、今の状況を把握していければ。

 

ちなみに、最大利益は、nk225=16000円~16750円で、

プレミアム価格の利益に加え、プットロングの利益が増えていく。

さすがに、ここまで下落しないか?

 

おわりに

 

以上「2020/6/16 nk225プットレシオのエントリー」でした。

 

チャート(値動き)から、注文の集中を読み取り、自分のトレードへと繋げていく。

こういった視点を公開文字にすることで、客観的な視点を得れるので。

 

少しずつ、自分アップデートを続けていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「93名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です