【21年12月】日経オプション取引結果「+10,560円」(月利+0.8%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

12月のSQ日が過ぎました。

メジャーSQでしたが、思ったよりも穏やかで。

 

今年最後の日経225オプション取引を振り返っていきます。

計1回のエントリーです。(スプレッドベース。)

 

この内容は、中~上級者向け。

初心の投資家さんは、スルーして下さい。

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 証拠金を「60万円」→「80万円」→「130万円」と、給料などから追加している。
  • 月利1.0%」が目標。証拠金や時間に余裕があれば、回数を増やす。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、様々なスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へ落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

あと、売りのポジションを失敗すると、死ぬ。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

リスクをコントールできるように、鍛錬しながら。

 

日経225の環境認識

 

まずは、日経225の日足チャートを↓

 

nk225の日足チャート

nk225option_211210-1

↑中域的にみると、レンジ相場。

白い矢印は、エントリーした時を示している。

>>2021/11/26 nk225プットレシオのエントリー

 

急落局面で、ボラティリティが上昇中の時。

  • エントリーが少し早かったかな?

と、思ったものの、数日経過したら、まあ、問題なく。

 

1つ目のサポートラインで、きっちり反発し。

結果、nk225は、想定の範囲内で推移し、プレミアム価格差異がそのまま利益に。

 

詳細は↓

 

①バーティカル・プット・レシオ・スプレッド

11/26 12月-P25750 買 33円×1枚 -33,220円 12/10 放棄 0円
11/26 12月-P25250 売 22円×2枚 +43,780円 12/10 消滅 0円

小計 +10,560円

エントリー後は、ボラティリティがさらに上がり、含み損を抱えたものの、

1つ目のサポートラインでの攻防戦が続き、結局、買い勢力が勝った。

それに伴い、プレミアム価格は落ちていった。

 

価格差異がそのまま利益となり。

損益は、

  • +10,560円。

 

21年12月の運用成績

 

  1. バーティカル・プット・レシオ・スプレッド、+10,560円

合計 +27,120円。

 

計130万円に対して、月利+0.8%。

 

ん、最後に、目標としている月利には、ぎり達せず。w

というのも、今年最後だったので、守りに行ってしまったかな。無理はしない。

 

今年1年の成績を確認しておこう↓

 

2021年の日経225オプション取引成績

 

これまでの損益↓

  • 2019年 -26万円
  • 2020年 +33万円。
  • 2021年↓(21年1月の証拠金=約60万円とする。)
  • 1月、トレードなし。
  • 2月、+14,680円 (+2.4%)
  • 3月、+26,680円 (+4.4%)
  • 4月、+29,680円 (+3.7%) ←ここから、証拠金を60→80万円にし、利回り計算として、元手の80万円を適応している。
  • 5月、+20,120円 (+2.5%)
  • 6月、+13,120円 (+1.6%)
  • 7月、+10,120円 (+1.2%)
  • 8月、+11,560円 (+1.4%)
  • 9月、+27,567円 (+2.1%)←追証発生!! 証拠金+50万円=計130万円にした。利回り計算は、130万円に。
  • 10月、+25,120円 (+1.9%)
  • 11月、+27,120円 (+2.0%)
  • 12月、+10,560円 (+0.8%)…

今年の通算実績は、+221,327円。

 

最終的な元手130万円に対し、約+22万円の利益。

利回りにして、年利16.9%。

 

ちょうど、築古アパート並みの利回りに。w

何より今年も、負けなしを継続できたのが、嬉しい。

 

まあ、オプション取引は、扱いを間違えると、平気でぶっ飛ぶので、いつも綱渡り状態なのだが。

一応、次のSQ日までの相場感を↓

 

2022年1月SQ日までのnk225相場感

nk225option_211210-2

↑日足チャート。

来月の第2週金曜日(SQ日)は、1/14と、期間は長い。

 

私の場合、毎年、この間は、休み期間としている。

(休み期間中に材料が出て、荒れやすいこともしばしば。くれぐれもポジションを年越えする場合は、注意してくれ。)

 

いつものように、3つのシナリオを。

  • ①高値を目指していく。→前高値を更新できれば、当面は安心相場。ただ、そう簡単には、レジスタンスラインをブレイクできないと思うので、反落狙いのコールショートかな。
  • ②レンジ内の推移。→ボラティリティが大きくなるまで、安易なショートは控える。エントリーするなら、節目の際で。
  • ③サポートラインの下へのブレイク。抜けたら、真空領域で伸びしろは大きい。→プットショートのエントリーは、伸びきってからで。安易なショートは禁物。抜けたら、第一目標は、25000円あたりか。

 

ってな感じかな。

必ず、相場に臨むなら、原指標のnk225の、チャート分析をしておこう。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

おわりに

 

以上「【21年12月】日経オプション取引結果「+10,560円」(月利+0.8%)」でした。

 

2019年の12月以降、損失が無く。

負けなし記録は、連続25か月に。

 

今年も納得のいく成績で終えることができて、何より。

トレードスキルは、お金を生み出す資産。日々、鍛錬していければ。

 

最後に、少し早いですが、日経225オプション取引ブログを読んで頂き、ありがとうございました!!

また今年も、LINE読者向けに、まとめた年次レポートなどを共有していければと思います。

 

それでは、オプショントレーダーの皆様、良いお年を。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です