【22年01月】日経オプション取引結果「+23,120円」(月利+1.7%)

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

01月のSQ日が過ぎました。

年末年始しっかり休んで、早々に正月明けからチャンスが。

 

まさか、この短期間で、両建てまで形成できるとは。

スプレッドベースで、計2回のエントリーです。

 

この内容は、中~上級者向け。

初心の投資家さんは、スルーして下さい。

とみます
この内容は「日経225オプション取引の運用レポ」についてです。

 

日経225オプション取引×はじめに

 

私なりの運用方法を、簡単に↓

  • 証拠金を「60万円」→「80万円」→「130万円」と、給料などから追加している。
  • 月利1.0%」が目標。証拠金や時間に余裕があれば、回数を増やす。
  • 売りを仕掛けるので、初心者にはおススメできない
  • カプランのオプション売買戦略」を読んで「独学」 (ここ数年間、数種のスプレッド取引を検証してきた。)
  • 自分に合った取引を見つけること (「Myルール」へ落とし込み中…)

 

簡単にいうと、

  • 日経平均株価がどこまで行かないか

を予測し、月数回の取引を行うトレード検証している。

 

会社員という属性を生かし、

日足→4時間足チャートを見て、タイミングが来たらエントリー。

 

タイミングが来なければ、無理に、ポジションを持たない。

そうすることで、利益は小さいが、勝率が高い?

 

あと、売りのポジションを失敗すると、死ぬ。

追証(おいしょう)と言って、追加資金が必要になることも。

 

市況の読みと、リスクをコントールできるように、鍛錬しながら。

 

日経225の環境認識

 

まずは、日経225の日足チャートを見ていこう↓

 

nk225の日足チャート

nk225option_220116-1

↑中域的にみると、レンジ相場。

短期目線では、高値の切り下げで、上値は重そう→コールショートを軸にしたスプレッド。

案の定、反落した後、超短期目線の上昇トレンドがいるので、反発しそう? →プットショートを軸にしたスプレッドを仕掛け。

 

それぞれのエントリー時点のログは、こちらから。

>>2022/01/05 nk225コールレシオのエントリー

>>2022/01/07 nk225プットレシオのエントリー

 

最近は、オプショントレーダーから、日経225オプション取引ログを読まれる機会が多くなった気がする。

なかなかエントリー時の詳細を発信している人が少ないからか?

 

私の場合、

  • ファンダ:裁量=2:8

くらいの割合の、チャーティスト型。(チャート分析を根拠に売買するトレーダー。)

 

ギリシャ文字も使わないので、あまり参考にならないかも💦

余計な時間や手間を掛けたくないため、テクニカル分析を主軸に、必要最低限にしたく。

(↑これが難しいのだが。)

 

まずは、スプレッドの詳細をから↓

 

①バーティカル・コール・レシオ・スプレッド

1/5 01月-C30375 売 16円×2枚 +31,780円 1/14 消滅 0円
1/5 01月-C30250 買 23円×1枚 -23,220円 1/14 放棄 0円

小計 +8,560円

上を目指すぜ!

と、意気揚々に上っている時に、目先のレジスタンスラインがあるときに、良く仕掛けるスプレッド。

 

今回は、反落して良かったものの、恐いのは、その勢いを維持したまま、ズッキューンと高値を更新されること。

ズッキューンのタイミングは、ショーターのストップロスなので、そうなる前に、手を打つ必要がある。(この辺が難しいので、初心者にはオススメできない。恐いのは地震そのものでは無くて、地震への対策をしていないこと。)

 

それを理解した上での、ショート枚数が多いポジションだね。

今回は、そのような危機にさらされるなくことなく、SQ日を迎え。

 

むしろ、反落後は、もう1つ反対の新ポジションを取りにいった。

 

②バーティカル・プット・レシオ・スプレッド

1/7 01月-P26875 買 47円×1枚 -47,220円 1/14 放棄 0円
1/7 01月-P26500 売 31円×2枚 +61,780円 1/14 消滅 0円

小計 +14,560円

①の利益がほぼほぼ乗ったところで、プットショートを軸にしたスプレッド。

反落後、3日ほど、陰線が並び、市況は不穏な雰囲気に。

 

このまま超短期目線のトレンドラインを割るのか…

というあたりで、アウトザマネーのプットショートを。

 

これも、売建てのポジションが多く、一発退場がある危険なポジション。

まあ、蓋を開けてみれば、トレンドラインをヒゲではブレイクされたものの、実体では死守され。

 

トレンドラインの攻略(下へのブレイク)に時間がかかり、SQ日が先に来て、時間切れ。

狙い通りとなり。

 

’22年01月の運用成績

 

  1. バーティカル・コール・レシオ・スプレッド、+8,560円
  2. バーティカル・プット・レシオ・スプレッド、+14,560円

合計 +23,120円。

 

元手130万円に対して、月利+1.7%。

よし、上出来だね。

(実質、正月明けの、1週間ほどのトレードだから、週利でもこれくらい取れるときがあるのが、魅力的よね。)

 

初トレードは、正月ボケでヘタってないか、心配したけど、幸先の良いトレードとなり。

今年も成績を残していこう↓

 

’22年の日経225オプション取引成績

 

これまでの損益↓

  • 2019年 -26万円。
  • 2020年 +33万円。
  • 2021年 +22万円。

 

2022年↓

  • 1月、+23,120円(+1.7%)
  • 2月、…

今年の通算は、+23,120円。

 

このペースで増やしていきたいところ。

ただ、今回のような両建てのチャンスは、なかなか無いので、まあ、ムリのない程度に。

 

最後に、次のSQ日までの相場感を↓

 

’22年2月SQ日までのnk225相場感

nk225option_220116-2

↑日足チャート。

来月の第2週金曜日(SQ日)は、2/11と、期間はそこそこ長い。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  • ①高値を目指していく。→まずは、前高値を更新できるかどうか。仮に超えても、次の高値ライン(レジスタンス)があるので、やはり、アウトザマネーのコールショート狙いで。
  • ②レンジ内の推移。→先月と変わらず。ボラティリティが大きくなるまで、安易なショートは控える。エントリーするなら、節目の際で。
  • ③抜けたら、まずは、27000円のサポートラインまで。さらにここを抜けたら、真空領域で伸びしろは大きい。→安易なショートは禁物。プレミアム価格のリスクリワードを鑑みながら。

 

ってな感じ。

相場に臨むなら、原資産nk225のチャート分析は必ずね。

 

日経225オプション取引の始め方

 

念のため、始め方↓

  1. 証拠金「60万円」の用意 (目安)。
  2. オプション口座を開設する。
  3. カプランのオプション売買戦略を買って、組合せ(スプレッド)戦略を学ぶ。

 

カプランの売買戦略は、実践的な内容が多く、付加価値が高い。

が、値段も高い。中級~上級者向け。

 

証券会社は、取引手数料の安いところで。

 

チャート分析は、XMのMT4を使用している。

>>XMで2回目の30ドルゲット

 

おわりに

 

以上「【22年01月】日経オプション取引結果「+23,120円」(月利+1.7%)」でした。

 

2019年の12月以降、損失が無く。

負けなし記録は、連続26か月に。

 

どこまで伸ばせるかを楽しみながら。

それでは、また。

とみますん家

・とみますに興味のある方
・これまで発信してきた内容について、質問したい方
・気楽に相談したい方
・私への仕事依頼や共同コラボを考えていて、事前に検討したい方
・ちょっと様子を見たい方
を対象に、無料オンラインサロンを開設しました。
Discord(ディスコード)と呼ばれるSNSを利用しています。

現在、日頃から応援してくれている読者に感謝を込めて、大還元キャンペーン中!!
保有しているだけでお金が増える配当型NFTを無料でプレゼント!!

原資/
・毎月このブログから得た収益の10%から。

NFTを受け取るには/
・Discordに参加して自己紹介するだけ。

配当を受け取るには/
・保有しているNFTのメタ情報に応じて、ランダムに当選者を決定します。

一言/
NFTだけ欲しいとかでもOK! お気兼ねなく!
少しでも豊かになった読者が増えたら嬉しいな!!

free Mint数と配当実績/
'22年07月, 合計Mint数=1人, 配当104.81USDT
'22年08月, 合計Mint数=4人, 配当103.57USDT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です