2022/01/07 nk225プットレシオのエントリー

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

nk225、急落が続き、アウトザマネーのプット価格に値が付いてきました。

3日前に、コールショートを仕掛けたばかりですが…

 

プットショートを新規に建て、両建てポジションに。

これは、中級~上級者向けなので、初心者はスルーしてください。

 

nk225オプションのエントリーログ

nk225option_220107-1

↑nk225の日足チャート。(PCの場合、クリックで拡大できる。)

縦の赤線(破線)は、SQ日を示している。

 

ちょうど、3日連続で、長めの陰線が続き。

ボラティリティが上昇し、アウトザマネーの価格がそれなりに付いてきたことを確認した後、新規建てを。

 

ちなみに、3日前のコールショートのプレミアム価格は、剥がれ落ちており。

(いつでも利確OK→スプレッドと手数料を勘案して、SQ日まで保有かな。)

 

残り1週間と期間が短いので、時間切れになるのが狙い。

プットショートを軸にした、

  • プットレシオ

を仕掛け↓

 

プットレシオスプレッドのエントリー

1/7 01月-P26875 買 47円×1枚 -47,220円
1/7 01月-P26500 売 31円×2枚 +61,780円

 

ざっと、説明すると、nk225が次のSQ日(1/14)に、

  • 26875円を上回ると、プレミアム価格差異の約1万円が利益。
  • 26500円~26875円の範囲内に入れば、約1万円+αの最大利益。
  • 26500円を大きく下回れば、大損失!!

といった、ポジション。

 

最大リスクは、これから、2000円以上の大暴落が来ること。

まあ、何が起きるか分からないのが相場で。

 

仮に、大暴落が発生しそうなタイミングが来たら、(=今回の場合は、27000円のサポートラインを抜けたら、ストップロス狩りで、売りは加速するだろう。)

  • 売り建てを1枚捨て、買い(ロング)のポジションに変える
  • 全てのポジションを切る

ことを、頭の片隅に入れておき。

 

両建については↓

nk225option_220107-2

↑ざっと、この白線の範囲内で、nk225が推移すれば、想定している利益を得られる。

抵抗線と支持線は、まあ堅いだろうという読み。

 

仮にそれらの水平線と接触したとしても、攻略するには、時間がかかるだろうと。

SQ日までの逃げ切り狙いだね。(タイムディケイ。)

 

nk225の今後の相場観

nk225option_220107-3

↑nk225の日足チャート。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. 抵抗線まで。ここで、反落するかどうか。→軽く上にブレイクしていく場合、要注意。次の抵抗線で、ポジション調整の判断。
  2. レンジ内で、ヨコヨコ推移。→こうなれば狙い通り!
  3. 支持線まで。ここを抜けたら、真空領域でさらに売りは加速するだろう。→ポジション調整必須。

ってな感じ。

 

直近は、どちらの方向を目指すのか。

また、週明けで、大きく動く可能性もあるから、用心しつつ。

 

おわりに

 

以上「2022/01/07 nk225プットレシオのエントリー」でした。

 

年明け早々から上下に動き、ボラティリティを狩りやすい相場に。

まさか、新年早々から、両建てのタイミングが来るとは。w

 

負けなし記録26か月を掛けて、取れるところで着実に。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です