大家.com、STOスキーム導入するって

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

大家.com。

また、不動産投資系のソーシャルレンディングか…

 

と思っていた矢先、

競合との差別が図られており。

 

投資後の流動性を確保するために、

ブロックチェーン技術を使っていくようで。

 

これは、すごい? 怪しい?

簡単に、まとめておきます。

とみます
この内容は「大家コム」についてです。

 

大家.comとは

 

大家.comの基本コンセプトは↓

  • 大家業を通じた家賃収入、不労所得を得る体験をして頂きたい

とのこと。

 

具体的に↓

  • 1口1万円
  • 投資して頂いた投資家の方には、家賃収入からの配当を得る

と、まあ、よくあるソーシャルレンディングか…

 

と思いきや↓

 

LIFULL社×Securitize Japan社/ STOスキーム導入

 

暗号通貨を保有している人なら、聞いたことはあるだろう。

  • STO (セキュリティー トークン オファリング)

 

ざっくりいうと、

昔でいう、ICO (イニシャル コイン オファリング)。

 

当時は、10倍になる銘柄もチラホラあったが、

詐欺や盗難が横行し、悪いイメージもついてしまったが。w

 

んで、何が魅力って、一言で言うと

  • 流動性。

 

ほら、上場している株って、

いつでも売買できるじゃない。

 

そんな感じに、

  • 投資した権利をブロックチェーン上に記録することで、売買できるようになる、

ってことか。

 

資金がロックされる投資を、これまで、オススメしてこなかったのは、

  • 自分の都合で現金化できないから。

 

今も、私には、眠っている投資案件が多々あり、

ほんと、初心の私は、流動性の大切さを理解していなかったという。w

(→いつでも、現金化できるってのは、大事。)

 

そして、

国内でも、ブロックチェーン技術が普及しつつあることに、驚きつつ。

 

しかも、

  • 超大手、不動産情報サービス事業のライフル(LIFULL)

とで。

>>LIFULL社及びSecuritize Japanが提供する不動産特定共同事業者向けSTOスキーム導入について

 

こりゃあ、人気でるわ。

ちなみに、

  • セキュリティートークン (ST)

が実装されるのは、2021年3月予定とのこと。

1号案件から、ST化できるそうで。

 

早速、投資家登録を済ませておき↓

 

大家.comの登録方法

 

  1. 大家.com」より、メールアドレスを入力する。
  2. 投資家登録として、個人情報の入力と運転免許証などをアップする。
  3. ハガキを待つ

 

以下、画面を用いて↓

 

①「大家.com」より、メールアドレスを入力する。

ooya_com201214-1

↑トップページに、メールアドレスを入力し、登録をする。

 

 

②投資家登録として、個人情報の入力と運転免許証などをアップする。

ooya_com201214-3

↑5分で終わるらしい。

 

まずは、書類をチェックしていく↓

ooya_com201214-4

↑クーリングオフもできるのね。

ちゃんとしている。

 

ooya_com201214-5

↑個人情報を入力していく。

その他、運転免許証やマイナンバーカード(住所面のみ)などをアップしていき。

シンプルな登録画面で、最近ので一番入力しやすかった。

 

 

③ハガキを待つ

ooya_com201214-7

↑これで、完了。

審査が終わったら、ハガキが来るそうなので、家に届くまで待つ。

 

おわりに

 

以上「大家.com、STOスキーム導入するって」でした。

 

スキームは新しく、大変興味深い。

が、大事なのは、投資案件のビジネス内容。

 

これは、登録しないと見れない仕様になっているので、とりあえず、登録しておき。

>>大家.com

 

今後、じっくり、精査していければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「109名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です