不動産営業マンの紹介にて地元の金融機関に打診するも…

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

現金マンに完敗してから、

  • 収益物件の購入資金をいかに用意するか

が、とても重要で。

 

地道に、地元の金融機関との信頼関係を構築しています。

今回、内見時の不動産営業マンから、紹介を受け、打診してみるも…

 

初見さんへの融資は厳しいそうで。(泣)

ツラツラと、まとめておきます。

とみます
この内容は「銀行開拓の失敗」についてです。

 

耐用年数が残13年

 

価格は、3000万円台。

鉄骨造であるため、耐用年数が34年。

 

築21年であるため、

残りの耐用年数が13年。

 

お、この地域には珍しく、

築浅? な物件。

 

これまで、ボロ家を見てきたので、

外も中も、大変キレイな状況に感動しつつ。

 

さらに、その仲介の営業マンから、

  • 〇〇銀行の担当者◇◇君の腕がいい

という情報を聞き。

 

早速、打診するも…

 

新規への融資情勢は厳しい

 

いつもの、

を用意し、事前に電話を入れてから、いざ突撃。

 

結果↓

  • うーん…
  • これまでの取引ありませんよね…
  • 返答は後程…

 

ん?

全然、反応が薄いんだけど。(泣)

営業マンとの感触と、全然ちゃうがな。w

 

結果、

その日には、連絡が入り、

  • 融資不可

とのこと。

 

理由は、

  • 相続物件しか扱わない情勢で…

らしく。

 

まじか。

残念。

 

また、1つの候補が減り。

 

一方、前向きな金融機関を絞れてきたので、なんとか、物件取得していきたい。

が、今回の物件は…

 

収益性低し

 

現状利回りが5%の、今回の物件。

かつ、建物と土地の評価額を1000万円ほど、上回っており。

 

キャッシュフローがマイナスだし、(手出しが出る。)

仮に満室にしても、限界利益が低く。

 

まあ、見送りだね。

というか、すでに、似たような指値をしている人が、先にいるらしく。

 

やはりか。

地道に、妥当な指値で、トライ&エラーを続けていければ。

 

おわりに

 

以上「不動産営業マンの紹介にて地元の金融機関に打診するも…」でした。

 

一方で、有力な現場の声も。

コロナの影響が出てくるのは、来年の頭あたりから。

(任意売却関係を得意としている不動産屋さん。)

 

なるほど。

来年になると、ポツポツと割安な物件が出てくるかも?

今の内に、準備を整えておこう。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「106名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です