4-73 今年も残り3ヵ月!!去年の「ふるさと納税」効果の確認と今年の注目「お礼品」

 

こんにちは、読者の富を増す、とみます(@20tomimasu)です。

 

10月ですね。

今年の「ふるさと納税」は申請しましたか。

 

自治体によって、申請してから約1か月くらいかかる「お礼品」もあります。

今年は、もう残り3ヵ月。

早めに、節税の準備をしていきましょう。

 

せっかく国が用意してくれた「節税術」。

20代会社員と言えど、使わない手はないでしょう。

とみます
この内容は「2017年のふるさと納税」についてです。

それでは、どうぞ。



 

 

ふるさと納税のポイント

 

ふるさと納税のポイントを再確認するが、

  1. 所得税の還付
  2. 住民税の控除

の2つ。

 

①所得税の還付は、

(ふるさと納税-2,000円)×所得税の税率

 

②住民税の控除は、特例分も加え、

(ふるさと納税-2,000円)×(10+特例分)%

 

たとえば、

500万円の年収の人が4万円の寄付をした場合、

  • ①(40,000-2,000)×0.2042=7,760円
  • ②(40,000-2,000)×(0.1+0.69580)=30,240円。

 

①の所得の還付がもらえ、

②の分だけ、来年から支払う地方税が減る。

 

たして「38,000円」。

 

やる価値はあるだろう。

 

特に、

  • 給料年収が高い人
  • 資産収入がこれから増えてくる人

は、この節税術は、習慣化しておこう。

 

というのは、

  • 年収が高い ⇒ 節税額が多くなる

からだ。

 

ちなみに、寄付金をいくらにするかは、

WEB上のシミュレーションで容易に計算できる。

 

関連記事【 「ふるさと納税」の始め方 控除額のシミュレーションまで ~実践編~

 

 

節税効果の確認

 

んで、その節税効果ってのは、1年後。

忘れたころにやってくる。

 

たとえば、去年、ふるさと納税をした場合、

今年の「住民税の税額決定通知書」を確認しよう。

 

この通知書は、今年の6月に、もらっているはず。

そこに、書かれた「税額控除額」を見てみる。

 

ちなみに、私はこんな感じだ↓

 

寄付金 税金控除額(市民税+県民税)
平成28年度 0円 1,500+1,000 = 2,500
平成29年度 4万円 23,137+15,425 = 38,562

 

おー。

ちゃんと、狙い通り、38000円が控除されている。

 

去年、払った地方税は、合計約20万円/年に対し、

今年、払っている地方税は、年で約16万円/年。

 

固定昇給と資産収入とで、

年収が増えているのにも関わらず、

税金が減るって…

( ゚Д゚)スゴーイ

 

関連記事【2017年夏の資産形成状況、20代会社員が今まで作り上げてきた「資産」をまとめてみた結果…

 

ってことで、

今年も、ふるさと納税をすることにした。

 

まだ、始めてない人は、是非参考にしてくれ↓

 

 

ふるさと納税は「お肉」がオススメ

 

今回の、ふるさと納税は、

とにかく、肉!、肉!!、肉!!! に絞った。

 

その理由は、「冷凍」で長持ちできるから。

 

去年、野菜も嬉しかったのだが、

実は、量が多すぎて「腐らせて」しまっていた。

 

関連記事【 「ふるさと納税」寄付して、野菜に喜ぶ私~田野町~

 

一方、お肉の場合、

200~300gに小分けされて、冷凍で送られてくる。

 

保存ができる。

必要な時に、必要な分だけ。

 

あと、何となくだが、

「野菜」より「お肉」の方が「単価が高い」ように感じた。

 

あと、「魚」とか「カニ」も検討したんだけど、

調理方法が難しいし、冷凍庫を占める量が多そうなので、

今回は辞めた。

 

今年の「ふるさと納税」は

とにかく「肉」に絞ったのだ。

 

 

ふるさと納税は計画的に

 

今年も残り3ヵ月。

まだ、ふるさと納税をしていない人は、早めに複数に分けて寄付した方がいい。

 

その理由、

  1. 年末に近づくにつれ、注文者数が増えて「限定」のお礼品の競争率が上がる
  2. 1回の注文でまとめてやると、冷凍庫がいっぱいになるので、数か月おきに注文した方が、冷凍庫の回転率が良い

からだ。

 

特に、今回は、

  • 限定品
  • 量の多さ
  • ブランド

に、こだわって、肉を選んだ。

 

 

九州のお肉

 

肉と言えど、

日本各地に「○○肉」「○牛」等、

美味しそうな肉は、たくさんある。

 

ちなみに、去年2016年は、

鹿児島県の鹿屋(かのや)を選んだ。

 

関連記事【「ふるさと納税」寄付して、お肉に喜ぶ私 ~かのや~

 

鹿屋(かのや)は、

「黒牛」と「黒豚」で有名。

 

寒い日の「しゃぶしゃぶ」は最高だった↓

 

Jpeg

 

実績を参考に、今回も「九州」の肉に絞った。

 

その理由は

肉の種類が多く、

ブランドの歴史があるから。

 

 

ふるさと納税「都城(みゃこのじょう)」

 

その中でも、

特に人気だと言われる「都城(みやのこじょう)」。

 

miyako1

 

宮崎牛だ。

 

切り落としと言えど「1.5kg」で12,000円。

(その内、1万円は来年、控除される。)

 

2,000円でこれは「やばい」と思い、

即注文。

 

限定60セットなので、

早いモノ勝ちだ。

 

 

ふるさと納税「鹿屋」

 

そして、もう一つ。

鹿屋(かのや)。

 

今回は、

  • 都城(みやこのじょう) ⇒ 宮崎「牛」
  • 鹿屋 ⇒ 鹿児島の黒「豚」

という作戦だ。

 

kanoya1

 

これも、1.5kgで10,000円。

(その内、8,000円は来年、控除される。)

 

用途ごとに分けられて、計1.5kg。

 

  • 焼肉用 ロース300g
  • 焼肉用 バラ200g
  • しゃぶしゃぶ用 ロース300g
  • しゃぶしゃぶ用 バラ200g
  • 炒め用 モモスライス500g

 

いいね。

すごく利便性がいい。

 

  • 日曜 肉炒め
  • 月曜 焼肉
  • 火曜 しゃぶしゃぶ
  • 水曜 肉炒め
  • 木曜 焼肉
  • 金用 しゃぶしゃぶ

ってのも、いい。

1週間 the 肉尽くし。

 

ってことで、

 

これから資産を作りたいんだけど、

資本が少ない人にとっては、

 

このふるさと納税で、

税金による支出を削減できる。

 

効果は来年。

 

少し時間がかかるが、

毎月に天引されている「地方税」が減る。

 

結果、

手取りの給料が増える。

かなり嬉しいよ。

 

節税の基本的な考え方。

 

長い目で見て、

資産収入を増やしてく方は、

このスキームは知っておいてね。

 

 

おわりに

 

以上「今年も残り3ヵ月!!去年の「ふるさと納税」効果の確認と今年の注目「お礼品」」でした。

 

節税術の数は、限られています。

使える手段はどんどん使っていきましょう。

 

こういった「地道な」節税対策が、

資産収入が増えたとき、

資産運用の収益に、かなり貢献しますので。

 

考え方は、今のうちにマスターしておいてください。

 

とみます
今日も最後までありがとうございました。

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
公式ライン@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

公式ライン@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、55人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です