BinanceのLaunchpool「SANTOS」に脳死で投資

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

ブラジルプロサッカーリーグの、サントスFC。

ファントークンのプロジェクトがリリースされています。

 

BinanceのLaunchpoolです。

コナミとのパートナーシップもあり、リアルサッカーだけでなく、eスポーツへの拡張にも期待しながら。

 

BinanceのLaunchpool「SANTOS」がリリース

 

いつものように、Binance取引所にログインすると、

新しい、Launchpoolが始まっており。

 

お、SANTOS?

また、サッカーか。w

 

最近、サッカー? フットボールクラブのファントークンの取り扱いが多いね。

ブロックチェーンとの相性が良いのだろう。

SANTOS211129-1

引用…https://launchpad.binance.com/en/launchpool/SANTOS_BNB

 

↑投資できる通貨は、BUSDとBNBの2種類。

前回のpoolが終わり、余剰なBNBがあったので、今回もBNBで運用していく。

 

Stake nowを選択すると↓

SANTOS211129-2

↑Stakeが出てくるので、それを選択する。

 

SANTOS211129-3

↑Stake BNBとあるので、投資したいBNBを入力していく。

5 BNB。(今は、BNB価値が上昇したこともあり、5BNB=35万円相当…)

 

なかなか現金だと、躊躇する金額だけど、暗号資産だと、脳死なのよね。

(詐欺やSACMも多いから、初心者は注意だが。)

 

まあ、Binance取引所は、堅い海外取引所に成長したからね。

Binance取引所の開設は、こちらから。

>>Binance(バイナンス)の登録方法・口座開設・始め方・使い方

 

んでだ。

このSANTOSは、どんな使われ方をするのだろうか。

 

SANTOSとは

 

SANTOSとは、

  • BinanceSmartChain上のSantosFCのBinanceファントークン (仮想通貨;暗号資産)

>>https://research.binance.com/en/projects/santos-fc

 

ざっと、

  • BEP-20のユーティリティトークン
  • チームの投票投票に参加できる
  • デジタル収集品(NFT)を購入できる
  • →好きな選手の署名入りの賞品だとか。
  • 寄付もできる。お礼として、証明のバッジを獲得できる。

とのこと。

 

まあ、ファントークンは、大体、用途が同じだね。w

もともと、ファン層が厚く、コミュニティが形成されているので、上手く回るのだろう。

 

んで、今回のは、Binance初の

  • ラテンアメリカ(ブラジルリーグ)へのアクセス

だそうで。

 

果敢に、自社サービスの市場を広げているのよね。

となると、BNB(Binance独自トークン)も、まだまだ保有していても良いかもね。

 

あと、個人的に、気になったのは、

  • コナミ「PES 2021」

 

これは、コナミが開発・発売しているサッカーゲーム「eFootball PES 2021」で、

PESシリーズの21作目にあたり、2021年10月に全世界でXbox One、PS4、Steamで発売されているそう。

 

次回作の2022年に向けてかな?

現在、コナミとパートナーシップの関係性で、開発しているそうで。

 

まじか~コナミか。

もうこの流れは、変えられない。w

 

既存の大手企業と振興ブロックチェーン企業により、新しい価値がどんどん生まれてくる。

リアルスポーツだけでなく、eスポーツにも使われることに、期待しつつ。

 

おわりに

 

以上「BinanceのLaunchpool「SANTOS」に脳死で投資」でした。

 

革新的な開発が進み、至る所で技術やサービスがリリースされており。

こうやって社会がジワジワと変化していくのですね。

 

面白い時代に、生まれたことに感謝しつつ。

1日1%アップデートを続けていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です