渋谷の神泉エリアの区分店舗ファンドが情報公開、想定利回り6%!!

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

COZUCHIの新規案件の情報公開が。

JR山手線「渋谷」駅から徒歩10分、区分所有建物の1階店舗区画を投資対象としたファンドです。

 

渋谷の地価は、年々、上がっていますからね…

どんな内容なのかを、簡単に確認していきます。

とみます
この内容は「VIX投資」についてです。

 

インカムゲイン4.5%+キャピタルゲイン1.5%

shibuya210923-1

10/4(月)に、新規案件の募集が開始されるそうで。

>>https://cozuchi.com/system/funds/65580

 

内容をメモしておくと、

  • 募集金額 1億2690万円
  • 10/4(月)19:00~10/11(月)13:00
  • 劣後10%
  • 申込上限は、1269万円(今後、募集金額の10%までを最大口数に設定されるそう。1人で十分の一を持っていけるのか…。)
  • 想定利回り 6.0%。キャピタルゲイン1.5%+インカムゲイン4.5%。

 

渋谷の立地で、この利回りは、かなり高い。

どんな背景があったのだろうか。

 

なぜ、安く買えた?

 

いつも思うのだが、投資を事業として成立させている企業から、学べることはあるはず。

プロの着眼点を吸収すべく…

 

今回の背景は、

  • コロナの影響もあり空室が出たタイミングで前オーナーが安く売りに出した。
  • 立地は、我々からみて、不動産案件として非常に良いとのこと。(そもそも物件数が少ない。)
  • 賃貸需要は、相場より賃料が安く、値上げもできそう。
  • 購入後、実際に、空室は普通に埋まり、賃料も上げることに成功。→利回りUP!!
  • 現況利回りで、年利10%に!! →渋谷という立地で、高すぎる利回りに。

とのこと。

 

なるほどねぇ。

1階の6区画のうち、立て続けに2区画が退去されたらしく、売主が弱気になっていたみたい。

不動産は、対個人の取引だから、こういうこともあるのね…

 

なかなか、プロ企業じゃないと、手を出せないような内容だが、物件調査→交渉、を継続して実施していれば、個人でも似たようなチャンスを引き寄せられるのかもね。

 

んでだ。

今回の案件としては、キャピタルゲイン想定1.5%と、かなり低い。

 

キャピタルゲイン想定利回り1.5%と低い理由は?

 

今回の案件は、

コロナ渦の飲食店舗ということで、厳しめに評価しているとのこと。

 

キャピタルゲイン1.5%は、表面利回り8.6%で売却した場合を想定してとのこと。

→渋谷という立地で、即売買できるレベルを基準とし、いつでも換金できるような利回り設定に。

 

もうちょい攻めれば、利回り6%~くらいは、行けそうなんだよね。

(渋谷での相場が、大体これくらいらしい。)

 

なーるほどね。

COZUCHIは、他のクラファンと異なり、

  • 上限なし配当

なので、投資した者としては、配当が増える可能性があるのは嬉しい。

 

1区画の面積が小さいけど大丈夫?

 

不動産投資で一番恐いのは、空室。

今回の店舗は、1区画10坪以下と、かなり小さい。

 

このデメリットが逆に、借り手(飲食店オーナー)にとっては、家賃金額を抑えて飲食営業が可能で、人気らしい。

というのも、飲食店を安く経営しつつ、コロナ禍の協力金などで、給付金をガッツリ貰えるからだそうで…

 

ってな感じに、

  • コロナ渦=飲食店×

と一概に決めつけるのではなく、実情は思っていたよりも、かなり違うみたい。

 

マクロで見ることも大事なんだと気づかされ。

といえど、想定利回りは、まだまだ低いので、じっくり検討していければ。

 

おわりに

 

以上「渋谷の神泉エリアの区分店舗ファンドが情報公開、想定利回り6%!!」でした。

 

COZUCHIは、他のクラファンと異なり、不動産の場所や背景などがしっかり書かれているので、読んでいて面白いですね。

特に渋谷などの、一等地への投資機会は全くなく。w

 

不動産投資家としても、日々、情報を吸収していければ。

>>COZUCHI

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です