温湿度計プラスSwitchBotを買ってみた

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

鼻水が黄色い…

まだ、夏風邪が治らなーい!!

 

エアコンの深夜運転が悪いのか…

よく、朝起きたら、喉が痛く。

 

まずは、温度と湿度を把握することから。

推移を確認できる、温湿度計を買ってみました。

 

Amazonで湿度計を購入

switchbot220807-8

引用…温湿度計プラスSwitchBot

 

↑湿度計をAmazonで検索して、気になったのがこちら。

 

  • 文字が大きく
  • 推移をスマホのアプリで見れる

ことに、魅力を感じ。

 

値段は、少しお高めで。2500円!!

過去の推移を確認すると↓

switchbot220807-9

 

あ、この前のプライムセールだと、2000円弱だったのか…

(セールでタイミングよく買えると嬉しかった。)

 

まあ、必需品だわ。

早速、購入してみると。

 

SwitchBotの温湿度計プラスが届いた

switchbot220807-1

↑翌日には、家に届き。

小柄なサイズなので、ポストに投函されており。

ピンポン鳴らされるよりも、自分のタイミングで覗けるので、嬉しい。

 

switchbot220807-2

↑最近は、3歳になった娘が開封してくれる。

器用になったものだ。

 

switchbot220807-4

↑早速、電池の絶縁紙を外すと。

電源が付いた。

 

文字が大きくて見やすいね。

寝室ベッドの付近に立て掛けておこう。

 

スマホアプリとの連動、csvの掃き出しも可能

switchbot220807-5

↑取扱説明書に従い、QRコードを読み込んで、スマホにアプリをインストールする。

SwitchBotの導入は、今回が初めて。ログインは、Amazonアカウントを選択。今後、使用機会が増えそうな気がする。

 

switchbot220807-6

↑bluetoothで接続すると、湿度計を認知した。

しばらく時間が経過すると…

 

switchbot220807-7

↑温度と湿度のチャートを確認でき。

 

おぉー!!

これは、便利だね。

 

寝室のエアコンの設定条件が難しくて、これを見ながら適切な条件を決めていけるね。

何よりも、現状の状況を確認できるのが大事!!

 

ちなみに、これらの値は、csvにて掃き出すことも可能。

んー、素晴らしい!

 

より住みやすい環境にするために、家のデジタル化を進めつつ。

 

おわりに

 

以上「温湿度計プラスSwitchBotを買ってみた」でした。

 

昼間と夜間、晴れの日と雨の日。

周辺の環境で、寝室の温度と湿度は、どうなっているのか。

 

まずは、これらのデータを取ることで、改善案を考えていければ。

>>温湿度計プラスSwitchBot

 

それでは、また。

とみますん家

・とみますに興味のある方
・これまで発信してきた内容について、質問したい方
・気楽に相談したい方
・私への仕事依頼や共同コラボを考えていて、事前に検討したい方
・ちょっと様子を見たい方
を対象に、無料オンラインサロンを開設しました。
Discord(ディスコード)と呼ばれるSNSを利用しています。

現在、日頃から応援してくれている読者に感謝を込めて、大還元キャンペーン中!!
保有しているだけでお金が増える配当型NFTを無料でプレゼント!!

原資/
・毎月このブログから得た収益の10%から。

NFTを受け取るには/
・Discordに参加して自己紹介するだけ。

配当を受け取るには/
・保有しているNFTのメタ情報に応じて、ランダムに当選者を決定します。

一言/
NFTだけ欲しいとかでもOK! お気兼ねなく!
少しでも豊かになった読者が増えたら嬉しいな!!

free Mint数と配当実績/
'22年07月, 合計Mint数=1人, 配当104.81USDT
'22年08月, 合計Mint数=4人, 配当103.57USDT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です