英国ファーウェイ全面排除、代わりにエリクソン【ERIC】

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

イギリスの5Gに、ファーウェイ製品が使われなくなるそうで。

米中英の関係性をナナメ読み。

 

スウェーデンのエリクソンが伸びるかも?

簡単にまとめておきます。

とみます
この内容は「5Gにエリクソン」についてです。

 

英国のHuawei対策

 

にて、気になる内容が。

 

米中貿易摩擦もあり、

今後、目が離せない世界の動向。

 

どうやら、

英国5GでのHuawei(ファーウェイ)製品を禁止されるそうで。

 

2020/4/15 Financial Timesの記事

 

Financial times内の検索にて、該当する記事が見つかった。

>>BT delays Huawei strip out despite signing Ericsson deal

 

訳すと、

  • British Telecommunications は、エリプソンとの取引に契約しているにも関わらず、Huaweiの排除を遅らせている。

 

ん?

ちょっと逆の内容か?

(訳が間違っているのか、あるいは、皮肉の意味を込めているのか…。多分後者。)

 

内容を確認しようにも、

有料会員じゃないと見れないみたい。w

 

ってことで、

の内容をメモしておくと↓

 

英国ファーウェイ全面排除、代わりにエリクソン

 

  • 2020年1月、イギリスは、5Gへの開発において、ファーウェイの一部利用を認めていた。
  • 2020年4月15日、Financial times記事によると、ファーウェイの使用は、全面禁止に。
  • 代わりに、エリクソン【ERIC】

 

ザックリ言うと、米国からの圧力↓

  • 米国は、ファーウェイ経由の盗聴を恐れている。
  • 5Gにファーウェイを使わせようものなら、米英のこれまでの関係を、見直すぞ。
  • 英国→ファーウェイ全面排除へと変更。

 

そもそも米英の関係は、第二次世界大戦の守旧派と…

と、深い話になってくるので、詳細は、動画で。

 

んで、

イギリスの5G基盤に、

  • エリクソン【ERIC】

が、使われるのであれば、今後、株価が伸びんじゃね?

ってことで、株価のチェック↓

 

【ERIC】エリクソンの株価

finviz dynamic chart for  ERIC *Finvizというプラグインを導入して、チャートを表示してみました。

 

2020/5/18時点で

  • 約8.5ドル (900円/1株)

 

よくみると、テクニカル分析もされているのね。w

このプラグイン使えるかも。

 

にしても、

株市場が強すぎ。

 

バブル感が否めないので、

とりあえず、今は、1株を。

 

本当のクラッシュ? が来た時の一銘柄として、(来るか知らんけど。)

ウォッチングに入れておく。

 

おわりに

 

以上「英国ファーウェイ全面排除、代わりにエリクソン【ERIC】」でした。

 

大まかで良いので、世界情勢の理解を深めつつ。

これまで理系畑にいたので、この辺がサッパリ…

 

投資にもプラスできるように努めつつ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「86名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です