【20年1月06日~】S&P500の相場感?

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

S&P500は、大上昇中。

先週でいう、①の展開へ。

 

ところが、週末のトランプ氏のイラン攻撃。

戦争の始まりか?

 

ざっと、相場をチェックしていきます。

とみます
この内容は「VIX投資」についてです。

 

S&P500の日足チャート

VIX200105-1

↑上昇トレンドを堅持。

安値を切り上げ、高値の行方を見守る感じ。

 

ところがどっこい。

トランプのイラン攻撃。

 

今週は荒れるかも。

次に、下位足↓

 

S&P500の4時間足チャート

VIX200105-2

↑MA200で反発移行、上昇中。

VIXポジションに変わりなく。

 

現在のVIXポジション↓

  • UVXY売 平均19.86 ×7枚 (現13.06 含み益 +5,127円, +34.18%)

(UVXYは、手数料が安いので、GMOクリック証券CFDにて。GMOでいう、米国VIブルETFのこと。)

 

が、VIX上がってきそうな予感。

S&P500の動向を見ながら、判断していければ。

 

S&P500の1時間足チャート

VIX200105-3

↑上昇トレンドは、一旦、終了。

安値を切り下げ、トレンドレス。

 

次のサポートまで遠いので、抜けたらかなり下がりそう。

 

3つのVIX指標

VIX200105-4

引用…https://jp.tradingview.com/symbols/TVC-VIX/

 

まずは、オーソドックスなVIX。

  • 14.0

 

まだ低い。

週明け、どこまで上がるか。

 

次いで、短期/中期のVIX↓

 

VIX200105-5

引用…https://jp.tradingview.com/symbols/spread/CBOE%3AVIX%2FCBOE%3AVIX3M/

 

  • 0.88

中途半端な位置なので、様子見。

 

期近と期先の価格は↓

VIX200105-6

引用…http://vixcentral.com/

 

期近よりも期先が高い

  • コンタンゴ。

今のところ。

トランプ戦争で、バックワーデーションになることも想定しつつ。

 

あと、11月は、ぴょこっと高い。

大統領選挙か。w

 

2020年も面白くなりそうな。

荒れるけど、やっぱりトランプ再選かなぁ。

並行して、VIXをウォッチングしつつ。

 

今週の相場感?

VIX200105-7

↑S&P500の4時間足チャート。

 

いつものように、3つのシナリオを。

  1. トレンドレス。揉み合い。 (UVXYショートのキープ、一部の利確を検討。)
  2. MA200とサポートラインの反発。その後、どうなるか。 (UVXYショートのキープ、様子見。)
  3. MA200の下へ。その後は、中期のサポートラインへ。(MA200を割ったら、数枚のポジション利確。中期のサポートラインにて反発狙いのVIXショート。)

 

煮詰まり感とイラン戦争の行方次第で、大きく下がることを視野に入れつつ。

 

おわりに

 

以上「【20年1月06日~】S&P500の相場感?」でした。

 

年明け+イラン戦争に注意しつつ。

チャンスがあれば、エントリーしていきたい。

 

ただし、VIXショートは、青天井なので、暴落時のリスクはバカでかい。

その辺のリスクリターンをコントロールしつつ運用できたら。

>>GMOクリック証券CFD

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1166名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です