WARASHIBEの高利回り実績の確認方法

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

前回、川奈フォンドに投資してみたが、

早速、運用開始が2週間ほど、遅延するそうで。ありゃ?

 

売主→WARASHIBEへの所有権の移行に時間がかかっているっぽく。

まあ、仕方なし。詰まるところ、最終出口での利回りに期待かな。

 

んで、その参考になるのが、過去のファンド実績。

とんでもない利回りが表記されているが…

とみます
この内容は「実績利回りの確認方法」についてです。

 

WARASHIBEの高利回り実績の確認方法

 

  1. WARASHIBE」より「ファンド一覧」を選択する。
  2. 「全て」→「運用終了」を選択する。
  3. 過去の高利回り実績を確認できる。

 

以下、画面を用いて↓

 

①「WARASHIBE」より「ファンド一覧」を選択する。

warashibe210714-1

↑WARASHIBEのトップページ。

画面右上に、「ファンド一覧」を選択する。

 

ちなみに、ログインして見る必要は無く、

誰でも見ることができる。

 

②「全て」→「運用終了」を選択する。

warashibe210714-2

↑「ファンド一覧」を見ることができる。

画面の上の方に、リストがあるので、「全て」→「運用終了」を選択する。

(初見の場合、「全て」の案件が羅列されている。)

 

③過去の高利回り実績を確認できる。

warashibe210714-3

↑過去案件の実績を確認できる。

 

ざっと、

  • 283.5%
  • 62.2%
  • 110.5%

と、めちゃ高い利回りが並ぶ一方、

  • 4.5%
  • 4.5%
  • 4.2%

と、低利回りの案件もズラリ。

 

高利回り案件は、

いわゆる、Exit案件で、キャピタルゲイン(売買利益)+インカムゲイン(賃貸収入)を兼ねており、

主にキャピタルゲインで、高く物件を売却できたことによる。

 

一方、

低利回り案件は、区分マンションなどの賃貸収益によるもの。

物件自体を売買する目的ではないため、軒並みの利回りとなっている。

 

今回投資した、川奈ファンドは、

前者のキャピタルゲイン狙いなので、過去実績くらいに利回りが高くなることに期待しつつ。

 

ただ、注意してほしいのは、

短期間での売買となったため、年利回りが見かけ上、高くなっていること。

 

詳細は、中の人に聞いて確認済み。

>>WARASHIBE(ワラシベ)の中の人に聞いてみた

 

んで、新しいファンドが出るそうなので、簡単にチェックしていこう。

 

江東区東陽町 区分マンション4.5%

warashibe210714-6

ざっと、概要を↓

  • 募集総額:1600万円
  • 1口出資額:1万円
  • 想定利回り(年利):4.5%
  • 運用期間:6ヵ月(2021/7/30 ~ 2022/1/29)
  • 出資金振込日 : 7/19 ~ 7/26
  • 配当実施予定日 : 2022/2/28

 

んー、インカムゲインだと、利回りが低いんよね…

と思いきや、気になる内容が記載されており↓

 

  • 退去した場合は、条件の良い先に売却が可能

とのこと。

 

まあ、今のところ、退去は予定されていない。

6か月間という短期間運用だと、Exitは難しいかな?

確かに、売買活動ができるようになれば、そこそこ利益は出そうなんだけど。

 

あと、気になるのは、築古物件なんよね。

物件概要↓

  • 東京都江東区東陽5丁目23-6
  • 昭和50(1975)年6月 (築47年)

 

区分だし、土地をゲットしたとしても、面積が小さいので、あまりメリットがない。

となると、狙うは短期売買なのかな? その辺のプロの運用方法もチェックしつつ、情報をフォローしていければ。

 

おわりに

 

以上「WARASHIBEの高利回り実績の確認方法」でした。

 

これまで高利回りな実績を出しているのは、キャピタルゲイン(EXIT)案件。

そのうち、新規案件が出てくるかもしれないので、気長に期待していければ。

 

会員登録は無料。会員だけに発信する情報もあるので、登録は忘れずに。

>>WARASHIBE

 

WARASHIBE

↑ちょうど今日から先着300名さまに、2000円のアマギフ貰えるそうで(*´▽`*)

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です