自分で銀行に初打診。融資面談で聞かれた内容とは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

今回のアパート一棟は、

自分で銀行に連絡し、①打診→②面談→③審査結果の一通りを経験しました。

 

今回は、融資の面談について。

初めてということもあり、緊張しつつ…

 

シャツに、チノパン。

カジュアルビジネスな恰好で、いざ本番へ。

とみます
この内容は「融資面談」についてです。

 

事前に融資面談の練習

 

前回、面談の事前イメトレを行った。

>>融資面談に備えて、自問自答で思考の整理

 

あの後、実際に、本番を迎えたわけだが…

一体、どんな内容を聞かれたのか。

 

簡単に、メモしておく。

 

融資面談の当日の流れ

 

銀行に到着。

エレベーターを上がり、受付の電話口へ。

 

「とみますです。

担当の〇〇様をお願いします。」

 

待つこと、数分。

電話で対応してくれていた彼と、初対面。

 

スラっとした、青年。

同じくらいの年齢か?

(後輩を連れている。)

 

短髪の黒髪が、良く似合う。

早速、商談室? いや、ミーティング室に近い。

 

テーブル1つと、椅子4つ。

奥の席に座り…

 

①提出資料の確認。

 

まずは、事前に言われていた資料を渡していく。

 

自分の属性に関する↓

  • 確定申告、直近3年分
  • 給料明細、直近6か月分
  • 住民票
  • 源泉徴収、直近1年分
  • 金融資産を確認できるもの、銀行預金等
  • 借入返済表。(投資用区分と居住用戸建ての2つ。)

 

物件に関する↓

  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 賃貸借契約書
  • 間取り図
  • 建築計画概要書
  • 修繕履歴

 

などなど。

 

1つ想定外だったのが、

ネット銀行の明細確認の際に、複数の収入があったので

  • これは何?

との質問が。

 

「ブログの広告収入です」

と告げると…

 

  • 差し支えなければ、教えてくれ

とのこと。w

 

  • 身銭投資 (20代からの身銭を切った投資ブログ)

で、検索してくれー。

 

まさか、ブログまでチェックされるとは。w

(見られても、何ら問題ないが。)

 

全ての確認を終えた後、お待ちかねの、質問攻めが。

 

②融資面談で聞かれた内容

 

融資面談で聞かれた内容は…

概ね、事前シミュレーション通りだった。

>>融資面談に備えて、自問自答で思考の整理

 

きっと、マニュアルがあるんだろうね。

念のため、書き留めておくと↓

  • 不動産投資へのきっかけについて
  • これまで保有してきた区分マンションの話
  • この物件を選んだ理由について

 

「この物件を選んだ理由は、3つあり…

1つ目は、収益性。2つ目に、近所。3つ目に、安全性…

それぞれ…」

 

ってな感じに。

 

銀行員も、

  • こういう(路線価のつく)物件は、やりやすい

とのことで。

 

一つ、想定外だったのが↓

 

家族や親の属性について、深く、聞かれたこと。

  • 専業主婦の嫁は、働く予定があるかどうか。
  • 自身の両親の仕事について、
  • 自身の兄弟姉妹、仕事について、

 

なるほどね、

債務が滞った場合は、周りから攻める感じか。w

 

んで、あっけなく?

20分程度で、質疑タイムが終了。

(全体で1時間ほど。)

 

思ったよりも和やかな雰囲気で。

最後に、打診結果の合格率を聞いて見ると…

 

  • まあ、この金額帯なら、ほぼ通るんじゃない。

とのこと。

 

なんだーい。w

(まさかの出来レース?)

 

聞くところ、借入が億を超えているサラリーマンもいるそうで。

さすがに、そういう方には、慎重になるそう。

 

何だか、彼の後輩への教育に使われたような、面談で。w

いかなる時でも、付加価値を、ガンガン提供していければ。

 

おわりに

 

以上「自分で銀行に初打診。融資面談で聞かれた内容とは」でした。

 

回答に要したのは、ピッタリ2週間。

結果、条件通りに、融資が承認されました(*´▽`*)ワーイ。

 

具体的な収支について、また、ブログにしていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「1162名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です