広尾の底地2区分、募集開始10分で195%の資金到達

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

COZUCHIの新規案件、渋谷区広尾の借地権付き2区分。

新ファンドの募集開始時間になり、内容を確認していくと…

 

10分で、募集金額の195%(ほぼ2倍)に到達しており。

どうなってんだろ。

 

簡単に確認していきます。

 

広尾の底地2区分、10分で195%の資金応募

 

前回、渋谷区の広尾の2区分に、全力でエントリーすると書いた。

>>渋谷区広尾の借地権付2区分、底地と一体となることで価値上昇に期待?

 

最近のソーシャルレンディングやクラウドファンディングは人気で、直ぐに募集金額に到達してしまう傾向にあり。

COZUCHIの場合は、抽選なので、バーゲンセールに参加しなくてもいいものの…

 

当日の時間になって確認すると

あっという間に、満額になっており。w

 

cozuchi-hiroo220301-1

↑募集開始時間19時に対し、10分後には、目標金額の195%(ほぼ2倍)の資金が集まっており。

 

抽選なので、当たるかどうかは、分からないものの、

  • 10万円

を投資エントリーしておいた。

(当選すれば、銀行振込の案内が来る。)

 

半年前くらいは、

100%くらいの資金調達が多かったのに、最近の勢いはスゴイね。

 

実績が出始め、

確実に、報酬を分配できているからなのかな。

 

相変わらず、

  • コロナ禍による金融緩和→
  • お金持ちの資金余り→
  • 資金の行先が集中?

ような時代なのか。

 

弱みをカバーできれば高利回りに?

cozuchi-hiroo220301-2

↑ブログを書いている間に、262%になってしまった。(図中左上)

直近6件の案件の中でも、今回の広尾の達成率は、圧倒的。(募集期間は残っているので、まだまだ増えるだろう。)

 

今回の広尾は、募集金額が少ないというのもあるけど、

借地権付きといえど、全てを権利化するための底地の購入なので、特に気にしない投資家が多かったのかな。

 

  • 弱点があって、割安に買える
  • →その弱点を補うことができる
  • →高利回り

という流れ。

 

私自身、地方の築古アパートを切り盛りしており、1号アパートも、

  • 内装がヒドイ状態で、リフォーム費用が掛かるという弱点があって、価格交渉で割安に買えた
  • →マイホーム戸建でのDIYを生かして、自分らで内装ができる
  • →高利回り

と、一緒なのかもね。

 

ビジネスの展望が見えれば、事業としても、投資家としても、リスクを負えるのかも。

そんな、事業家兼投資家も目指しつつ。

 

1万円から投資できる

 

COZUCHIは、不動産特定共同事業法を活用することで、

今回のような数千万以上の不動産への投資でも、1万円から投資をすることが可能。

 

初心者にとっては、まずは、

  • お金に働いてもらう

という体験を得れる。

 

入金以降の手間は、全く無いので、時間を盗られないというメリットもあり。

会社員や事業者などの本業のサブで運用していくと、ポートフォリオに厚みが増して、経済的に豊かになれるかもね。

 

私の高利回り運用の部類の、アパート事業や日経225オプション取引などは、

とにもかくにも、数百万円以上の元手が要るので、まずは資金を増やすことから。

 

おわりに

 

以上「広尾の底地2区分、募集開始10分で195%の資金応募」でした。

 

不動産投資型のクラウドファンディングの中でも、

高利回り配当の実績を積んでいる、COZUCHI。

 

これまでの内容も、尖がった不動産案件が多く、不動産を学ぶ上でも参考になりますね。

引き続き、注目していければ。

 

会員登録していない方は、忘れずに。

>>COZUCHI

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です