畳を屋外に約1年放置したら…解体DIYまで

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

雨にも打たれ、風にも打たれ…

早1年。

 

屋外に放置していた畳(たたみ)が、とんでもないことに。(マネしないでね。)

また、畳の処分費用と労働力において、

  • ①業者に依頼した場合
  • ②ごみ処理場に持っていった場合
  • ③DIYで解体した場合

のコストパフォーマンスを比較したので、まとめておきます。

とみます
この内容は「たたみの解体」についてです。

 

 畳を屋外に約1年放置したら…

tatami-kaitai-diy200524-1

 

↑ちょうど1年前、居住用の戸建てを購入した。

  • 築32年のボロ屋。

 

住みながら修繕するため「手間がかかる」デメリットの一方、「割安に買える」メリットが。

(若い内にしかできない…w)

 

んで、家をリフォームしていく中で、

どうしても、邪魔だった

を一時期、屋外に置いていたのだが…

 

途中でめんどくさくなり、そのまま放置していた。(おい。)

  • 雨にも打たれ
  • 風にも打たれ
  • 千葉直撃の大型台風にも打たれ…

早1年。

 

畳の状態は、すこぶる悪く。

こんな感じ↓

tatami-kaitai-diy200524-2

 

↑泥にもまみれ、

さらに、もともとシロアリに喰われていたため、表面が破れていたが、それが広がるような感じに。

(ちなみに、畳の表面を、畳表(たたみおもて)という。)

>>畳でシロアリを判断する方法

 

あちゃー。

その後、1号アパートのご縁があったため、一旦、マイホームの修繕を後回しにしていた。

 

そろそろ、処理しようじゃないか。w

いつもだったら、ごみ処理所に持っていくのだが…

 

雨水を含んでいて、とても重い。

さらに、ふにゃっていて、運びづらい…

 

ってことで、畳の解体DIYショー。

 

畳の解体DIY方法

tatami-kaitai-diy200524-9

 

↑畳の裏側と側面。

それぞれ、固定している糸? 紐がある。

カッターナイフで、

  • ①、畳の裏側に対して、縦20cmほどの間隔で、横に切断していく。
  • ②、畳の側面に対して、垂直に、糸を切断していく。

 

切断後は、ひたすら、手で、むしる。w

tatami-kaitai-diy200524-7

↑すると、こんな感じに、わら? が出てきた。

畳の裏側は、

  • 畳床 (たたみどこ)

といって、稲ワラが使われているそうで。

 

畳表には、

  • イグサ

が使われているけど、これは表面だけなんだね、へー。

 

最近は、イグサの中国製もあり、めちゃくちゃ安く仕上がるそう。

畳屋さん曰く、長持ちしないらしいが。

 

んで、むしった、

  • 畳表のイグサ
  • 畳床の稲ワラ
  • 側面のヘリ (畳縁:たたみべり)

を、ゴミ袋に詰め…

 

tatami-kaitai-diy200524-8

w

  • 3畳分で、ゴミ袋17袋に。

 

合計、8畳分あるのだが、全然、終わらねぇ。w

ちなみに、これだけで半日(4.5時間/人)かかったぜよ。

 

単純に、

  • 1畳あたり労働力1.5時間/人

だね。w

 

家庭内のゴミなので、地域の燃えるゴミの日に、出していく。

といっても、1世帯3袋/日までと、決められているので、ちょくちょく出すことになるが。

 

業者/ごみ処理場/DIYのコスパ(労働力・費用)比較

 

ここで、コスト/労働力の比較をまとめておこう↓

労働力 費用
①業者に依頼した場合 ・連絡と立会 30分くらい
→計30分
・1枚1,500円~2,000円
→計1.2万円~1.6万円
②ごみ処理場に持っていた場合 ・荷積みと荷下ろし 2時間
・ドライブ往復時間 1時間
→計3時間
・軽トラのレンタカー 5,000円くらい
・<200kg 4,000円
→計1万円
③DIYの場合 ・1.5時間×8畳 =12時間 ・0円

 

まあ、その時のお財布事情に合わせて。w

 

③の解体DIYの場合、ざっと、

  • 時給1,500円

くらい。

 

んー、大学生でいうと、

  • 居酒屋のバイトよりは高く、
  • 家庭教師のバイトよりは安い

感じ。

 

まあ、いづれは、業者に依頼した方が良いな。

今は、手応えとコスパを、肌に沁み込ませつつ…

 

黒アリが繁殖していた

 

ちなみに、

1年屋外に放置していたこともあり…

 

tatami-kaitai-diy200524-4

↑畳を重ねていた側のイグサ(畳表)。

黒い汚れと思いきや…

 

拡大すると↓

tatami-kaitai-diy200524-5

↑黒アリの大群だった。w

 

きっと、

昆虫にとっても、居心地が良いに違いない。

 

さらに↓

tatami-kaitai-diy200524-6

 

↑白い卵まで。w

直射日光を嫌うので、働きアリは、卵の運搬に大忙し。

 

いや、スマン。

まさか、こんなところに巣作りをするとは…

 

生命力にあっぱれ。

一応、黒アリは、益虫なのか?

  • シロアリを喰ってくれる
  • 昆虫の死骸をキレイにしてくれる。

 

まあ、あえて駆除する必要は、無さそうな。

田舎だし。

 

おわりに

 

以上「畳を屋外に約1年放置したら…解体DIYまで」でした。

 

まさか、畳までDIYで処分できるとは…

ちなみに、嫁がやってくれました。すごい。

 

少しずつ、マイホームの廃棄物の処理も進めていければ。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

たまに、キャンペーンなども(*´▽`*)。

 

おかげさまで「85名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です