【UVXY】米国VIブルETFとは

 

とみます(@20tomimasu)です。

 

初心者には「SVXY(米国VIベアETF)」の買いを勧めてきました。

が、ブルETF(UVXY)にも、それなりの魅力があることに気付きました。

 

今回は「米国VIブルETF(UVXY)」について、サクッとまとめておきます。

とみます
この内容は「米国VIブルETF(UVXY)」についてです。

 

GMOのVIX「3銘柄」

 

VIX関連を探求し始めてから、早2か月。

 

GMOの扱っているVIX関連は、3つ。

  • 米国VI (VX)
  • 米国VIブルETF (UVXY)
  • 米国VIベアETF (SVXY)

 

なんとなーくだが、特徴をつかみ始めた。

その前に、いろんなVIX関連があるのを知っておこう↓

 

GMO以外のVIX関連

 

パッと挙げただけでも↓

  • VXX
  • ZIV
  • XIV (死亡)
  • TVIX
  • VIXY
  • VIXM
  • VXZ

も、ある。

 

が、これらは、GMOでも扱っておらず、上級者(お金持ち)向け。

手数料が高い場合が、ほとんど。

 

私みたいな小資本者は「GMO」一択となる。

 

んで、ここしばらくは「GMO」に絞ってきた。

>>【SVXY】米国VIベアETFとは

>>GMOの米国VIとは

 

そして、気になっていたのが、残りの「ブルETF(UVXY)」。

プロの機関が、アウトザマネーのプットを買っていることから。

>>【1万円が6,000万円?】プロの投資ファンドの次なる「VIX」戦略とは…

 

そこで、今は「ブルETF(UVXY)」について、色々と検討している。

 

米国VIブルETF(UVXY)とは

 

いつものように、必ず公式のサイトを確認しよう。

 

サクッとまとめると、

  • S&P500の「VIX先物」のベアに対して「1.5倍」の値動きをするファンド

のこと。

 

「UVXY」の呼称。

多分、GMOさんが分かりやすくするために「米国VIブルETF」と呼んでいるのかな。

 

取り扱い会社は「ProShares」。

>>【SVXY】ProShares(プロシェアーズ)とは

 

まあ、力のあるファンド会社かなと。

「VIX先物」との相関↓

 

米国VIブルETF(UVXY) vs VIX先物

UVXY180818-4

引用…ULTRA VIX SHORT-TERM FUTURES ETF

 

↑緑線が「UVXY」。青線が「VIXショート先物指数」。

良い一致をしている。ピークの大きさも、「1.5倍」になっている模様。

 

VIXショック後、無事に機能しているようだ。

(VIXショック前は「2.0倍」だった。)

 

米国VIブルETF(UVXY) のチャート

 

米国VIブルETF(UVXY) のチャートの値動きを見ていこう。

 

2011年~の日足チャート↓

UVXY180818-1

↑長期間。

指数関数的に減少している。

 

  • 最高値が「48,959,990.20ドル」。
  • 最安値が「8.48ドル」。

 

うひゃー。

もし、これを2011年の最高値に売れていたら…

40億万円長者(*´▽`*)。

 

もう少し、拡大してみよう↓

2016~日足チャート↓

UVXY180818-3

お、やっぱり、指数関数的に減衰している。

 

米国VIブルETF(UVXY) の売り戦略

 

どんどん下がる理由は、タイムディケイ(時間的価値の損失)。

 

期近と期先の価格差異。

通常、コンタンゴ率が圧倒的に高いため、どんどん価格は減少していく。

(ファンド会社は、期近を安く売って、期先を高く買っている。毎月。)

 

なので、基本は、売りエントリー。

もっと拡大してみよう↓

 

2017年~日足チャート↓

UVXY180818-2

 

おぉ、やっぱり下落。

そして、2018年2月「VIXショック」により、反発。

「30弱」の値を付けている。

そのあとは…、やっぱり下落。

 

VIXが上がり始めた時に、S&P500を監視しておき、こういうところで売りたい↓

UVXY180818-5

 

んで、試しに、売ってみたが…

 

米国VIブルETF(UVXY) のポジション

UVXY180818-7

比較するために、米国VIベアETF(SVXY)を、下に並べている。

すると、あることに気付く。

 

ぬぬぬ。

  • 米国VIブルETF(UVXY)の、金利/価格調整額は、ゼロ円
  • 米国VIベアETF(SVXY)の、金利/価格調整額が、マイナス!!

 

原理上、これらのETFには、価格調整額は、ない。

なので、この額は「金利」によるもの。

 

どちらも、8/15に売買しているが、「ベアETF」は「1枚あたり1円」の金利が付いている。(現8/18)。

ということは、長期でずっと持ち続ける場合、「ベアETF」は金利が負担になる。

 

一方、「ブルETF」の方は…、ゼロ円。

 

むしろ、金利でプラスになっていいはずだが…。

そこは、GMOさんの手数料になるのかな。

 

どちらにせよ、「ブルETFの売り」ありかもしれない。

簡単にまとめておく↓

 

米国VIブルETF(UVXY)売りのメリット

 

  • コンタンゴによる、下落のバイアスがかかっている。
  • 金利がかからない。
  • VIX×1.5倍なので、利益を大きく伸ばせる。

 

ただし…

 

米国VIブルETF(UVXY)の売りリスク

 

もちろん、リスクが存在する。

  • 米国VIのように「青天井」
  • ↑空売りするときの、ロスカット設定が難しい。
  • 海外のETFなので、国内の日中で、決済できない。(値が飛びやすい。)

 

潤沢な資金があれば、ロスカットを高いところにおいて、長期保有もあり。

だが、それだと資金効率が悪い。(拘束される金額が大きくなる)。

 

だからと言って、現在値と近い値に置くと、金融ショック時に刈られてしまう。

うーん、その設定がね。

 

結局、過去のチャートをみて、自分で決定する必要がある。

  • 約定値の2倍

は、どうだろうか。

 

たとえば、今の約定値↓

  • 10.28→ 20.54
  • 10.51→ 21.02。

てな感じ。

 

最大損失は「1枚につき、約1,000円」。

まあ、これなら許容範囲。

 

自分の取り得る範囲を事前に決めておこう。

 

ベア(SVXY) vs ブル(UVXY)

 

んで、やっと本題。

 

今年2月のVIXショックを見る限り、ベアETFの動きに疑問をもつ↓

UVXY180818-8

引用…サクソバンク証券

今、ベア(SVXY)は、底値にいるけど、このまま上がり続けた後のことを考えている。

ご覧の通り、SVXYは、VIXショックで、140→ 11ドルという結果になった。

 

一方、ブル(UVXY)は、10→39ドル。

値幅が大きく異なる。

 

もちろん、当時のギア倍数が違う、というのもある。

(UVXY→2倍。SVXY→ -1倍)。

 

だか、それを加味しても、その差異は、大き過ぎる。

不自然な、SVXYよりも、UVXYの方がいいのかも…。

 

一応、VIXショック後は、正常に機能している、っぽい↓

UVXY180818-9

引用…サクソバンク証券

↑ベア(SVXY)が -0.5倍。ブル(UVXY)が、1.5倍。

 

まあ、結局のところ、何が起きるか分からないのが金融。

これまで、初心者には「ベア(SVXY)」の単独買い、を勧めてきたけど、よりレベルアップを図るなら、

  • ブル(UVXY)

を「VIXポートフォリオ」に組み込むのもありかなと。

 

ヘッジに入れる(買う)も良いし、より利益を伸ばす(売り)でも良い。

 

ただ、個人的には、ETFには、解体(早期償還)があるので、どちらも買いは、ちと恐いかも…。

米国VIで代用するか?

 

とまあ、そんな感じに、のらりくらりと、やっていこう。

S&P500の値動きに対し、自分でポジションを調整できるのが、VIX売買の魅力。

 

状況に応じて、柔軟にポジションを調整していくことで、利益を伸ばしていく。

 

米国VIブルETF(UVXY)の残る疑問

 

今10ドルくらいだけど、このまま下がり続けたら、どうなるんだろ。

切り替えもあるのかな。

 

ファンドだから、マイナス圏に突入するわけないし…。

 

高くなって、枚数が減るだとか?

併合っていうのかな。

 

そうなったら、ちと面白いかも。

もう少し、類似商品の事例や、ホワイトペーパーを調査してみようと思う。

 

おわりに

 

以上「【UVXY】米国VIブルETFとは」でした。

 

初心者でも利益が出やすいため、注目を集めている「VIX」関連。

あるいは、株式の長期ホルダーのヘッジとして利用されるため。

 

どちらにせよ、正しい知識を持って臨めば、あなたのポートフォリオから得る利益を、強固にしてくれるのは間違いない。

ぜひとも、組み込んでみては。

>>GMOクリック証券CFD

 

今回は「UVXY」に特記しましたが、VIX全体としての運用方法なども、ブログにできたらいいですね。

何か気になることありましたら、どんどんコメントくださいね。交流型のブログですので(*´▽`*)。

とみます
今日も最後までありがとうございました。

sco180415-2

読者にも、幸あれ~

LINE@登録の方もよろしくお願いします。

主に、ブログ更新のお知らせです。

 

おかげさまで「673名」を超えました。

いつもありがとうございます。

 

これからもガンガン発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

うざかったらブロックしてください。

 

それでは、また。

 

LINE@登録で直ぐに受け取るプレゼント(無料)

現在「LINE@登録」して頂いた方に「金持ち父さんの実践書 20代会社員 入門編(PDF20枚)」をプレゼントしています。

~もくじ~
1. 20代が知っておきたい日本のこと
  1.1 日本のこれからの人口推移
  1.2 日本の財政推移
  1.3 20代の年金問題
  1.4 日本の絶対的な政策目標

2. 20代がこれから生きる上で知っておきたいこと
  2.1 生きていくのに必要なおカネ
  2.2 20代が賢くおカネを増す方法
  2.3 20代は年利1%も難しい…
  2.4 身銭をきる必要性

3. とみますのリアルなCFについて
  3.1 海外金融商品のリアルなCF
  3.2 1区分所有のリアルなCF
  3.3 225オプションのリアルなCF
  3.4 投資×ブログのリアルなCF

4. おわりに


【プレゼントを受け取るには】
LINE@登録後「とみます」より送られてくるメッセージから、指定されたpdfのダウンロード(無料)を行い、お受け取り下さい。

LINE@登録はこちらから↓↓
友だち追加

【利用者の声】
読者アンケートでは「インターネットからの登録」が「85%」で、「満足していない割合」は「16%」とのことでした。現在、588人の方が登録しています!!

【よくある質問】
Q. LINEでの個人情報が心配です。
A. LINEの会社が管理しているため、私が個人を特定するような情報を知ることはありません。登録者のプロフィール画像や名前もわかりません。

【こんな人はお断り!!】
・目先の利益を求めている人
・直ぐにお金持ちになりたい人
・簡単に稼げる方法を知りたい人

私は、投資の「本質」を追求しています。
投資の本質とは「将来を見据え、今できることを実践すること」だと考えています。
実際、そうやって身銭を切って実践し、これまで資産を築いてきました。
なので、上に書いた内容にあてはまる人は、絶対に登録しないでください。

【さいごに】
これからも「金融」の「知識」をどんどん発信していきます!!
主に「ブログ更新の通知」ですが、たまに「登録者限定のキャンペーン」をしているので、お楽しみに。それでは、また。

【UVXY】米国VIブルETFとは” に対して 4 件のコメントがあります

  1. UVXYですか。VIと比べて、優位性があれば検討したいですが、現状見当たらないんですよね。
    トレードするなら、VIで良いんじゃないかと。
    ベアの金利差は、どうしても目に入るので気になるところですが、キャピタルゲインを狙ううえではノイズ程度に捉えておくしかないです。
    また、運用してみて気づいた点ありましたら、教えてくださいね〜。

    1. とみます より:

      うーん、なるほど。
      海外のトレーダーブログを読んでいると、資金がぶっ飛んだ人が多いですね。
      次の、金融ショックが来るまでは、控えた方がよさそうです。
      (ロスカットが指さるかどうかも疑惑…。)
      将来のオプション売買も見据えていましたが…(´・ω・`)/まだ早い。
      S&P500を見つつ、減らしていこう。

      ベアの金利は、必要経費(コスト)として考える。
      なるほど、性質上「キャピタルゲイン狙い」なので、このコストは仕方ないですね。
      ありがとうございます~。

  2. blacktop より:

     最近VIX関係を知って、こちらの記事を参考にさせてもらっています。
     実際の取引を絡めた記事なので、とてもわかりやすいです。

     この記事の中で、少し気になったことがあるので。

    >SVXYは、VIXショックで、140→ 11ドルという結果になった。
    >一方、ブル(UVXY)は、10→39ドル。
    >値幅が大きく異なる。

     これは、値幅でなく割合で考えるべきかと。
     100円のものが150円になるのと、1円のものが2円になるのは、どちらが影響が大きいかと考えればわかりやすいと思います。

     今回の記事の例では、
      SVXY 140 → 11 (-92.2%)
      UVXY 10 → 39 (+290%)
    なので、SVXYがー0.5倍、UVXYが+1.5倍と考えれば、まあ妥当な数字のように思えます。

    1. とみます より:

      blacktopさん、
      初めまして、コメントありがとうございます!!
      なるほど、割合ですか…

      ちなみに、当時のギアードの仕様は
      SVXY → -1.0倍
      UVXY → +2.0倍
      です。

      過去を見てみると、2015年9/1(チャイナショック?)の時も、
      SVXY 48 → 20 (-58%)
      UVXY 2434 → 9125 (+274%)
      あれ、やっぱり、今回のVIXショックは「SVXY」が異様だった気がします…

      原資は「VIX先物」ですが、「VIX」自体は、当時(37~40)で同程度なのに…
      うーん。原資先物の動きをチェックする必要がありそうですね…

      取り急ぎ、コメントに感謝です(*´▽`*)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です